profile -プロフィール-

岩崎(小野田)良子

岩崎(小野田)良子
Ryoko Iwasaki (Onoda)

1952年東京生まれ。
5歳よりピアノを始める。
1970年ウィーン国立音楽大学夏期講座に参加。
早稲田大学第一文学部入学後にジャズピアノ及び即興演奏を学び、在学中の1974年にソロ・デビュー。
ジャズ・ピアニストとして活躍する一方でオルガンに興味を持ち、1992年聖グレゴリオの家宗教音楽研究所教会音楽科本科に入学、1997年修了。
2004年度、フェリス女学院大学音楽学部ディプロマコースで学ぶ。現在、聖路加国際病院礼拝堂オルガニスト、日本オルガン研究会会員。

これまで、ピアノを尾高節子、ヨーゼフ・ディッヒラー、ジャズピアノを佐藤允彦、加古隆、オルガンを岩崎真実子、武久源造、林佑子、三浦はつみの各氏に師事。
また、白川・イタリアオルガン音楽アカデミー、ピストイアオルガン音楽アカデミー、ボストン・オルガン・アカデミー、ダロッカ国際古楽音楽祭講習会、ロマンモティエ・オルガン演奏講座など各地のマスタークラスに参加し、ウンベルト・ピネスキー、ギ・ボヴェ、ゴンザレス・ウリオール、マリー=クレール・アラン、ルイジ・タリアヴィーニ各氏の指導を受けた。

2001年、第17回白川・イタリア音楽アカデミーにてピストイア賞受賞、ピストイアオルガン音楽アカデミーに招待されてリサイタルを開く。

近年では、2005年にサラマンカホールのランチタイムコンサート、2006年に聖路加国際病院礼拝堂のオルガンコンサート「夕の祈り」、2007年には神田キリスト教会のランチタイムパイプオルガンコンサート、霊南坂教会の水曜チャペルコンサート、神奈川県民ホールのパイプオルガン・プロムナード・コンサートに招かれて演奏した。
なお、ジャズ・ピアニストとしてはソロだけでなくアンサンブル、伴奏など多岐にわたって演奏活動を行っており、2007年には彩の国さいたま芸術劇場、横浜かなっくホールでコンサートを開いた。

小野田 (岩崎) 良子